人に聞いたら、じき忘れる。木と対話して仕事しなはれ(西岡常一:宮大工)

木というものは固いものです。それを柔らかく見せる工夫。そんな工夫があってもいいですよね。これは自分がかつて作ったベンチスツールです。流れるような曲線と美しい木目を表現したくて作りました。

流れるような椅子

材質はオークなので後ろ側の足にきれいなトラ目が見えています、ステインで赤っぽく着色してあるので、オークらしくありませんが、高級感があると思います。

自分は四方転びの椅子しか作らないと決めているので、この椅子も見事な四方転びになっています。濡れているように見えますが、純粋に塗装による光の関係です。

こんなものもできますよという意味での簡単なご紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA